西宮市の 胃腸科,内科,外科,皮フ科,放射線科,麻酔科,リハビリテーション科 医療法人社団 相馬胃腸科医院

医療法人社団 相馬胃腸科医院

 

※上記QRコードを読み取ると携帯サイトを閲覧することが出来ます。
トップページ»  医師の紹介

医師の紹介

ご挨拶

開業前に勤めていた兵庫県立西宮病院外科では、当時年間約1,000例の手術がありました。私は、神戸大学医学部附属病院での経験を生かし手術に取り組みましたが、時には全身麻酔を担当(小生は麻酔医)、外科の外来では皮膚科も診ていました。(その頃皮膚科のない病院では、外科で診る習わしがまだ残っていました。)
内視鏡検査は、前記大学病院でずっとやってきたことですし、自信もあり、言わば「おてのもの」だったので、外科の患者は勿論のこと、内科からも依頼があれば受けていました。又、時には放射線科から助っ人の要請がありました(当時の放射線科には、医師は小生とは大学同門の一人のみで、気の毒なほど多忙でした・・・)。

私は、文字通り超忙しい、引っ張り凧の日々を過ごしていたのですが、今考えると遣り甲斐のある充実した時期であったと懐古しています。

「がんの早期発見」。これが当時の医療界にあって最重要、喫緊の課題の一つでした。そこで兵庫県では、「内視鏡センター」を作ることになり(兵庫県では勿論初めて、全国的にも珍しかったが・・・)、その白羽の矢が私達の病院に、そして私に立てられたのです。私は、とても名誉なことですし、心底遣り甲斐のあるテーマだと以前から思っていましたので、一も二もなく承諾、勇躍して国立がんセンターの研修に臨みました。

私は「内視鏡センター」の設立に最初からかかわり、完成後はその責任者になりました(外科兼務)。従ってその後の私は、「外科」と「内視鏡センター」の二足の草鞋を履くことになったのです。私は皆様のご期待に背かないようにその後の数年間は、それこそ無我夢中、一生懸命頑張りましたが、日進月歩の医学です。技術的にも最高レベルが維持出来ているか、「二兎追う者は一兎も得ず」になっていないか。いつも反省、怖れていました。

私は「外科」も「内視鏡センター」も自分の天職にしたかったのですが、悩み、迷い抜いた末、結局、断腸の思いで天職を「内視鏡センター」1本に絞る決心をしました。そこで後髪(外科)を断つため、思い切って兵庫県立西宮病院を辞し、開業することに致しました。(「内視鏡センター」について、開業後は、嘱託として残りました)

これからは「早期発見、早期治療」が、私の唯一の天職です。その実現のため内視鏡、レントゲン、超音波等々を駆使し「完全検診」を目指します。

【院長】相馬 猛



~ひとりごと~

「正しい予防」、「早期発見・早期治療」・・・これが、唯一「転ばぬ先の杖」のことが多いようです。
・・・何なりと、ご遠慮なくご相談下さい。 ご一緒に考えましょう。
 

院長略歴

神戸大学医学部卒業。同大学院終了(主科目:外科、副科目:放射線科、皮膚科)。
医学博士。麻酔医。開業前、兵庫県立西宮病院外科に勤めていましたが、同病院に「がんの早期発見」のための、当時全国的にも珍しい、勿論兵庫県初の「内視鏡センター」を作ることになり、私にその白羽の矢が立てられたのです。
私は、「国立がんセンター(東京)で内視鏡検査の研修」を受け、その後同センター設立には最初から参画、完成後は「内視鏡センター・センター長」を拝命(外科兼務)致しました。ケアマネジャー。認知症サポート医。産業医。

 

スタッフ紹介

スタッフ一同いつでも笑顔を絶やさずに、皆さんのご来院をお待ちしております。
ご不明な点がありましたら、遠慮なくお問い合わせ下さい。